HOME>活動内容

活動内容

日本富貴蘭会では、富貴蘭の保存と継承を目的として、品種登録・銘鑑発行・品評会を中心とした活動を行っています。

品種登録・銘鑑発行

当会では品種登録と銘鑑発行を行っています。毎年翌年度の銘鑑編成会議が8月に行われ、この際に新登録品種は審査されます。

新登録の資格と基準について

芸の継続性、個性(既存の芸に酷似しない)等々を審議され登録の賛否が決定されます。
下記の条件のいずれか一つに該当することが条件となります。

柄物/全国大会の未登録および参考品部門で金賞を受賞した品種
花物/彩と香の富貴蘭展および東京フウラン展で入賞した品種

※登録申請者は1品種5名までとし、審査会議に3鉢を提出する
※登録者名は屋号でも受付可

お申し込み・手続きについて

全国大会時に本部事務局または地域常任理事までご相談下さい。芸の特徴、ルーツ等々をお伺いし登録料等をご説明します。登録点数は毎年3品種を限度としているため、審議により来年度以降登録となる品種もあります。

新登録品種一覧(平成26年度〜令和元年度)

美術品評全国大会

今年で第71回を迎える歴史ある大会。指定された品種の中で、愛好家が丹精した作品で評価を競います。

会期/毎年5月
会場/前年の大会開催時に発表

「第70回 美術品評全国大会」受賞作品一覧

東京フウラン展

フウランの花期に合わせて開催される花の展示会。全国の専門業者による日本一の即売会も同時開催します。2019年度より展示会の名称を「彩と香の富貴蘭展示即売会」から変更し、規模拡大がなされました。

会期/毎年7月
会場/上野グリーンクラブ

東京都台東区上野公園3-42 TEL. 070-3133-4617

「第15回 東京フウラン展」受賞作品一覧

秋季大会

全国一の大交換会です。参加は会員のみです。

会期/毎年11月
会場/次年度の美術品評全国大会会場