HOME>TOPIC  −  富貴蘭徒然

富貴蘭徒然

Essays  of  Fūkiran  Lovers

~ from 四国 ~

小笠原 浩(日本富貴蘭会副会長・四国富貴蘭会会長/愛媛県)

小笠原 浩

この度は、新型コロナ渦の為、楽しみにされていた全国大会・展示会等が無くなり非常に残念に思っておりますと共に、お亡くなりになられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。乱文で申し訳ないですが、少し私の想いを書かせて頂きます。最近の展示についてですが、数年前から全国大会における展示品の出品が少なく感じられます。未登録品だから、高額品種には勝てないから、値下がりしたので株をばらしてしまったから、大会に持っていくと木が傷むから、などの理由で展示品を持っていくのを止めたという人が沢山いらっしゃるように思います。

富貴蘭の金額が高い品種は、鉢数が少ない品種や特殊芸の人気の有る品種(羆・湖東錦等)で、安価な品種は沢山増えた物です。「裾物」とよく言われますが、私は前にもお話したように本当の愛培家や富貴蘭に対して失礼だと思います。例を挙げてみますと、西出都などは沢山の芽変わりを生み、大八洲も黄色い花を咲かせ、過去の銘鑑でも上段に有ったと思います。私の所属する四国富貴蘭会では、「裾物」と呼ばずに「大衆品」と呼ぶようにしています。何故なら皆等しく同じ香りのする可憐な花を咲かせるではありませんか。あくまでも私感ですが、展示会で何らかの賞を取るには、良い株をお金で買えば誰でも簡単に取れるようになってきたと感じています。

私はあえてその大衆品を藪立ちではなく、これから始める人達にも夢を与える様な美術株を作り、もう一度内閣総理大臣賞を目指したいと思っております。このまま行けば近い将来に富貴蘭愛好家が減少し、この業界も衰退してしまうのではないでしょうか。安価な大衆品でも同じ香りのする富貴蘭を女性や若者、また海外の人達にも育てて頂きたいですし、美術株を作って賞が取れるように頑張って頂きたいと存じます。

最近も私の家で趣味者が集まり、蘭談義をし、カイガラムシの話で久しぶりに大笑いしたものです。富貴蘭は趣味なのですから楽しくやらなければ面白くないですよね。あくまでも人は人、ご自分のスタイルで末永く富貴蘭を楽しんで頂きたいものです。最後になりますが、この富貴蘭を江戸から令和、そして後世に末永く伝えて行くのが私の夢です。

「栽培についての雑感」

後藤 保(日本富貴蘭会副会長/秋田県)

後藤 保

いまさらながらの感もありますが、近頃、なるほどと思ったことを一つ。まず風蘭は光が当たることで光合成をし、養分を得ています。その光が弱いと葉の表面付近の葉緑素しか活躍できませんから葉は薄くなりひょろ長く育って面積で稼ごうとします。植物は無駄なことはしないものです。反対に日が強いと光は葉の奥深くまで浸透しますから体積で対応できます。葉肉は厚くなり葉は小さめで締まり気味、そして葉重ね多い株立ちが光合成に対する一番効率の良い姿となります。それでは日が強いほど良いのかというとそうでもなく、日が強いと紫外線と赤外線も強くなってしまいます。少しの紫外線でしたら根を色付かせたり斑色を鮮明にしたりしますが、多すぎると成長が阻害されます。また赤外線が強ければ葉の温度が上がりすぎて葉焼けの原因になります。そこでダイオネットなどで遮光し、調整するわけですが、だいたい15,000ルクスぐらいが無難のようです

ところで、夏に涼しく冬暖かい理想の蘭舎が欲しいと思ったのが数年前。地面以外の壁と屋根にポリカの複層パネルを張った蘭舎を建ててみました。ポリカ素材そのものは紫外線を通しませんが、それに加えて熱線カット機能の付いているものを選んでみました。これで葉焼けの原因となる赤外線もカットできるわけです。ダイオネットなどでの遮光はしませんから蘭舎内は相当明るく、照度計で測ると晴れた日の日中で35,000ルクスありました。一応これでも大丈夫と思ったものの、果たして真夏でもこの環境で行けるのか、失敗したら元も子もないと思い、今まで夏場は以前のように外棚で育てていました。ただ、一部残していたものが良く出来ていましたので、今年からは移動させずに蘭舎で育てています。恐る恐る様子を見ていますが、光の量だけ多くなったおかげか、光合成が活発に行われているようで、いつもより新根の出や仔出しも多くなったようです。やはり熱線カットの威力はなかなかのものです。という事で前提条件を一つ変えると、見える景色がガラリと変わることを体験し、いつまでたっても作は面白いものと思った次第です。

~ from 千葉 ~

阿部 弘(日本富貴蘭会理事/千葉県)

阿部 弘

日本列島はここ十数年、地球的規模の天変地異に巻き込まれております。東日本大震災、熊本地震、突如現れ始めた線状降水帯による豪雨災害で堤防の決壊、山崩れ等々、災害に合われた方々には一刻も早い復旧を心より願っております。

年末より騒がれ始め、八月現在でも猛威を振るっている新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、令和二年度の日本富貴蘭会美術品評全国大会も中止となり、各地の展示会や交換会も軒並み自粛となりました。各地の趣味者、事業者の方々のストレスが溜まっている時期ではないでしょうか。

昨今の日本富貴蘭会も時代の流れに逆らえず、趣味者の高齢化と戦い、喘いでいる様に見えます。しかし、最近は富貴蘭界の旧態依然の体制から脱却しようと、夏の花の会の名称変更及び企画の見直しや、数年フリーズしたままの日本富貴蘭会ホームページの刷新等の眼に見える頑張りが伺えます。また、会報の付録の様な扱いの富貴蘭銘鑑ですが、この伝統園芸らしい由緒ある番付表は、是非継続して残してほしいと思います。単に順位の羅列ではなく、何故この位置に名があり、何が今流行っていて、どの様に素晴らしい木なのだろうかと棚の富貴蘭を手に取り思いを馳せるのも楽しいものです。

最近よく聞かれるのですが、蘭舎の向きは? 朝日は当たります? 何時頃まで陽が当たります? 風は通りますか? と、富貴蘭初心者の方々は様々な疑問や知識欲にあふれています。さて、全てが理想的な条件をそろえている愛好家は何人? 何十人? 居るのでしょうか? 参考としては園芸誌の『園芸JAPAN』にて毎月富貴蘭を取り上げており、全国の棚の環境、栽培方法、品種紹介など、若き編集者が精力的に取材をし、渾身の編集をしています。諸先輩方の貴重な経験談や、この様な専門書を是非参考にして頂きたいと思います。

今後は日本富貴蘭会会員として、また一趣味者として是非新しいバイブルとなる富貴蘭辞典の発行は出来ないものでしょうか? 役員の方々の中には品種を網羅し精通しておられる方々が多数いらっしゃると思います。是非日本富貴蘭会が主体となって制作して頂きたいものです。毎年決算で同規模の繰越金を計上してもタンス貯金と同じで、有意義なお金を使ってこその年会費と思います。今後の富貴蘭業界の継続的な発展の為にも、将来を見据えた投資が必要な時期に来ているのではないでしょうか。

「富貴蘭とSNS」

松岡広成(日本富貴蘭会常任理事/鳥取県)

松岡広成

今年は新型コロナウイルス感染症のため全国大会や上野の展示会をはじめ各地の催しも軒並み中止となり、富貴蘭愛好家としては寂しい年となっています。一旦は感染症の拡大が落ち着いたと思ったのも束の間、第二波がやってきて、また外出や集会が躊躇される状況になっています(7月24日現在)。私も休日は自宅(厳密にはベランダ)に引きこもって過ごしており、上記のようにイベントがないので若干寂しく感じることはありますが、この時期は花やら新芽やら観察したいものが多く、あまり退屈はしていません。皆様も思い思いに過ごされていることと想像します。こんな時の暇つぶし(……は言い過ぎですかね?志をもってされている方には失礼ですね。すみません)に持って来いのものの一つがインターネットのSNSではないかと思われます。ここではそのSNSについて書いてみます。

もうこんなことは書くまでもないかもしれませんが、あまり詳しくない方もおられるかもしれませんので、まずはSNSの説明です。SNSとはSocial Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略で、インターネット上で社会的な繋がりを作れるサービスです。有名なところではフェイスブック(Facebook)やインスタグラム(Instagram いわゆる「インスタ映え」はここが発祥)、ツイッター(Twitter)などです。ブログでの情報発信とコメントのやりとりもSNSと言えるでしょう。全く知らない人であっても友達になって情報交換できるのが魅力です。ネットでは知っていても現実に会ったことがなく、展示会等で隣にいても気づかないことがあったりします。後で「あぁ、あの人が……」ということもあります。それで仲良くなることもしばしばです。

私はブログとフェイスブック、インスタグラムをやっていて、たくさんの方と情報交換させて頂いています。パソコンやスマホ、タブレット等、どれでも見ることができるので便利です。でも最近はちょっと中毒気味ですので、注意しないといけないなと思っています。

さて、私がやっているこれらのSNSの中で、特にフェイスブックはなかなか興味深いものがあります。というのも、日本の富貴蘭趣味者のみならず、世界各国の趣味者と友達になることができるからです。アジアはもちろんのこと、北米、南米、ヨーロッパ諸国、ロシア、オセアニアなど、富貴蘭愛好家は世界各国にいます。しかも、みんなすごく熱心で驚かされます(ほとんどマニアの域に達している人も)。品種も普及品からかなり高価なものまで幅広く持っておられ、日本でもなかなか手に入らないのではないかと思われるものも、たまに見かけます。また、富貴蘭の名前をはじめ、覆輪や縞、虎、付け、泥根、ルビー根など、基本的な用語をそのまま日本語で理解してくれる方もたくさんおられます。リニューアルした日本富貴蘭会のホームページやそこでの登録品種の人気投票にもたいへん興味を持ってくれており、嬉しい限りです。フェイスブックでは、こうした方々が集 まってグループを作り、相当に熱いやり取りが交わされています。日本語や英語をはじめ各国の言語が飛び交いますが、フェイスブックには翻訳機能がありますので、ある程度のことはわかります(たまに変な翻訳が出てきて面食らうこともありますけど)。

SNS

SNS

SNS

富貴蘭のグループの中でも、アメリカの「Neofinetia · 富貴蘭 · 풍란」や「Neofinetia falcata」、イタリアの「dendrobium & fuukiran association」では、かなり専門的な投稿や議論が交わされています。「Neofinetia · 富貴蘭 · 풍란」では、韓国系米国人の管理者が中心となって、富貴蘭用語集を作ったり、風蘭の特徴を美しい写真でわかりやすく解説したり、グループメンバーから写真を募って人気投票してカレンダーを作ったりして、かなり活発に活動しています。こうしたグループのメンバーには日本人の方もおられますが、何故か日本人が中心となった国際的なコミュニティーがないのが残念です。

ともあれ、ブログやフェイスブックなどのSNSで情報交換するのは簡単にできますし、いろいろな方と交流できてとても面白いものです。この機会に皆様も暇つぶしとしていかがでしょうか。

~ from U.S.A ~

Carol  Helen  Beule(American  Orchid  Society・NYC)

Carol

私の仲間であるアメリカ蘭協会の審査員は、私に「鉢」について書くことを提案してくれました。「鉢」といっても皆様が愛してやまない「富貴蘭鉢」のことです。私が富貴蘭鉢を作るようになったいきさつや、富貴蘭を育てるきっかけなどを述べたいと思います。

私の祖父は庭師であり、さまざまな植物を育てていました(もちろん富貴蘭を知る由もありませんでしたが)。父は生態学の研究者でした。祖父も父も、自ら家具を塗装したり、組み立てたりしていました。私も見よう見まねでその技術を学びました。ただ、大人になってからその技術が活きるとは思わず、理系の大学に入学しました。その後、私は芸術に惹かれ衣装デザイナーになります。それから富貴蘭を育てるまでには、さらに25年を要しました。

浮世絵

私が初めて衣装を作成したのは1880年代の日本を舞台にしたプッチーニのイタリアオペラ「蝶々夫人」の研究発表でした。アメリカ軍のキャプテンと日本人女性の悲劇的なラブストーリーです。私は西洋の観客は本物の着物を衣装として用いた作品を見たことがないと思い、試してみることにしました。そもそも、この作品自体が私の好みであり、また私の手元には17〜19世紀の浮世絵がありました。とくに18世紀頃の日本の木版画が大好きで、今でも集めています。上のスケッチはこのオペラのために描いたものです。日本の線画や空間配置に影響を受けた衣装スケッチです。描いた時は20歳でした。鈴木春信、東洲斎写楽、鳥居清永、北川歌麿の作品を、線、形、色の基本的な使い方まで理解し、洋画に取り入れました。

その後、和装について大学で7年間研究し、衣装と照明デザインの修士号を取りました。その後40歳までは、日本の文化について学ぶ機会はありませんでしたがNorito Hasegawa and Satomi Kasaharaと友達になったことを機に富貴蘭を育て始めてから一変します。それまで蘭を15年も育てていましたが、富貴蘭を購入したのは初めてで、その香りに恋しました。そして、富貴蘭を愛して止まない方々を取り巻く文化、富貴蘭の楽しみ方について興味が湧きました。

その後、カリフォルニアで行われる夏の蘭会議に富貴蘭を展示することになり、富貴蘭鉢が必要になりました。その時、私が素敵だなと思っていた富貴蘭鉢はアンティークで非常に高価であることを知り、それならばと自分で作ってみることにしたのです。これが12年前のことです。

この12年間、日本の文化と芸術についてできる限り学ぼうと努力し、京都・奈良の主要な博物館と寺院を訪れ、写真を撮りました。それでもまだ訪れることができていない名所がたくさんありますから、いつか他の地域も訪れて学びたいと思います。私の本棚には読み切れないほどの日本に関する本が並んで重たくなっていますが、充足感でいっぱいです。以前から素晴らしいと思っていた美しい古鉢もいくつか入手できました。そもそも私は小さい頃から日本文化に興味があり、帯や着物を持っていました。

鉢

鉢

鉢

左は10年前に作った鉢で、アメリカ蘭協会の展示会で賞をもらった際の写真です。中央の鉢は最近のもので、私が学んださまざまなテクニックを駆使して作りました。私は筆で絵を描くことができるので、富貴蘭鉢の絵付けによく見る「点描法」は用いません。私が作る鉢は西洋の愛好家に日本の芸術の良さを咀嚼して伝えつつ、日本の愛好家の好みにも合致した鉢でありたいと思っています。私の手法に関して、4年前に日本富貴蘭会のミーティングで意見を伺う機会がありました。会員の方々は私にアイデアを提供してくださり、その上さらに感謝までしてくれました。希望的観測ではありますが、私が作る富貴蘭鉢は西洋と東洋の文化の橋渡し役になるのではないでしょうか。日本の伝統芸術のモチーフ、色、イメージを踏襲しつつ、私が幼い頃から培った感性を足しています。さながらアール・ヌーボーが日本の芸術の影響も受けながら新たな西洋のアートフォームを構築したように、私は富貴蘭鉢で2つの文化の融合を試みています。

鉢

もっと日本に滞在して、古鉢のコレクションが豊富な日本富貴蘭会のメンバーと会いたいです。皆、芸術性が高く、インスピレーションが湧きます。もう一度、富貴蘭の美しさをみんなで楽しめる日が楽しみです。